だんだのブログ

なんかすごいかもしれない

2軍野手陣の現状と展望

どうも、謎マウントニキの対応に追われていましただんだです。

 

 

早速ですが宣伝させてください。先日、今季初のTwitter仮想ドラフト、#GWD_2019の開催が発表されました。

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおお△○※☆&%$□…やったぜ。

 

楽天陣営は雑用の僕と、サポーターのバニラモナカジャバリブラッシュ(@zombie0010)さん、野球好き40(@ygz_D40)さん、チタン(@__Ti22)さん、Headphone(@KoreHa_UserName)さんの計5名で活動していきます。

 

開催がつい最近決まったこともありバタバタしている為、指名内容はまだ決まっていませんが、納得出来る良い指名になるよう頑張ります。どうぞお楽しみあれ。

 

 

なんか田澤指名するなとか言われてるみたいですが、今年は普通に指名しますよ! ◇たぶん。 

 

 

 

さて本題に。開幕から1ヶ月。一時は単独首位に躍り出る等、開幕ダッシュ"は"成功した楽天イーグルス。しかし最近は投打が噛み合わないことも目立ってきており、選手の入れ替えを求める声も多く聞こえるようになってきました。やはりキレweekはとんでもなかった。

 

久しぶりの投稿となる今回は、その待望されている2軍野手陣の現状、そして起用から見えてきた展望について書いていきたいと思います。

 



英才教育の影響を受ける捕手陣

1軍では永遠の0(2019年のすがた)こと嶋の盗塁阻止率が問題として挙げられる等、ファンから最も入れ替えの要望が出たのが捕手。つい最近嶋の骨挫傷の影響で山下斐紹が昇格しましたが、守備を重視する方からは不満の声も出ました。

f:id:pokoda514:20190430021309p:plain

そんな捕手ですが、今年はドラ2ルーキーの太田光が全28試合中18試合(途中出場含む)でマスクを被っています。昨年最も多くマスクを被った堀内謙伍が全119試合中52試合と全体の半分も満たしていないことを考えると、全体の6割以上でマスクを被っている太田は意図して英才教育を施されていると見ていいでしょう。また、次期正捕手に1番近い存在と言えそうです。

しかし当然のことですが、太田に出場機会を与えていることで、先日昇格した山下や昨季2軍で正捕手を務めた堀内等、他の捕手に皺寄せがきているというのもまた事実。特に堀内はその影響をモロに受けており、今のところ9試合のみと、全体の1/3以下まで出場が減っています。昨季終盤やU-23での活躍で期待されるのではないかと思っていたので、正直この結果は意外でした。

ではキーマンとして挙げた彼らの差は何か。勿論、指名順位も少なからず関係してくることでしょう。ですが個人的に、1番大きいのは打撃力だと考えています。太田が2割後半をキープしているのに対し、堀内は2割がやっとで長打も出ていません。
堀内はプロでの経験や守備の安定感で太田を上回っています。しかし、嶋の後釜や次期正捕手の育成が急務である今、どちらが早く「正捕手」に定着するかということを考えたときに打撃力は大きな要素と言えます。今の足立がその最たる例です。守りが良くても、ある程度打てなければ正捕手として任せることは出来ない。その点で大きくリードしている太田が優先的に使われるのは当然のこと。堀内は勿論、他の捕手にとっても、この差をどう埋めるかが今後の鍵となってくるでしょう。

 

 

プロスペクト西巻賢二の2年目

昨季91試合に出場し、主にショートを守りながら打率.253、OPS.702と好成績をマークした西巻賢二。ドラ6の高卒ルーキーであること、打撃よりも守備での評価が高かったことから考えると良い意味での想定外。楽天一の有望株として期待されました。

その西巻ですが、今季は出場した25試合中22試合で守備に就く等、主にセカンドを守っています。あれだけショートとして起用され、次期ショート候補筆頭とも言われた西巻が何故セカンドに回ったのか。それには守備面の理由があると推測されます。
高校時代から定評のあった軽快な守備は、彼の持ち味の1つとされてきました。しかし昨季1軍を経験した際、1歩目の遅さと肩の弱さが露呈。広い守備範囲と深い位置からでも刺せる肩が必要なショートとしては、まだまだ1軍レベルには達していないことが判明しました。一方、より一塁に近いセカンドでは素早い送球動作と球際への強さを見せ、好守備を連発。適正の高さを見せたことから、セカンドとして育てるというプランに切り替えたと思われます。

昨季との違いで1番目立つのはやはり打撃成績でしょう。今季はここまで1割台と低調。心配する声も聞こえてきますが、バットを長く持ってフルスイングするというバッティングスタイルやフォームは変わっていません。不振に陥った理由としては、昨季のU-23からシーズン前に死球を当てられすぎたことが挙げられます。打席に立った際、死球の残像がどうしても頭から離れず、少し前まで何の変哲もない真ん中高めでも仰け反っていました。最近になって漸く消えてきたようで、徐々にバッティングの状態は上がってきている為、そのうち成績も付いてくる筈です。

また、守備の安定感が全く違います。セカンドで好プレーを見せ続けている西巻ですが、計22個とエラーも目立った昨季と違い、今季はここまでエラーがありません。プロの打球に慣れてきたことも含め、目立たないながらも守備面で更に成長を遂げているのはポジ要素の1つ。

これからは慣れ親しんだショートではなく、自分の能力を最大限発揮出来るセカンドとして。少しずつではありますが、浅村の後釜としての道を歩み始めています。

 

 

本命のいないショート事情

西巻のセカンド転向により空いたショート。つい最近まで村林も1軍にいた為、誰を起用するか気になっていたポジションの1つです。蓋を開けてみると中心として起用されているのは山﨑剛。続いて孫こと渡邊佳明。ショートで期待しているというのもあるかもしれませんが、どちらかといえばバックアップとしての準備、戦力の底上げが本職ではない彼らを起用する狙いでしょう。

今季、1軍では茂木栄五郎が不動のレギュラーとして君臨している他、浅村の加入によりスーパーサブになった藤田一也がショートとしてプレーしています。その壁は分厚く、もし茂木が怪我した場合は大きな戦力ダウンに繋がるという話を以前の記事でしました。その際、藤田がそのまま起用することが予想されますが、いくら守備の名手と言われようと今季37歳のベテラン。連続で起用するとパフォーマンスが下がることも分かっています。そこで少しでも戦力ダウンを抑える為、バックアップとして彼らの育成を進めているというわけです。

ただ、山﨑や孫が控えの域を抜けられるかどうかというのはまた別の話。ショートのレギュラーを問題なく任せられるようになるかというとどうしても疑問符がつきます。ドラフトの話になってしまうので今回は詳しく書きませんが、早いうちに、彼らとは別にショートを任せられる"本命の"素材は必要になってきそうです。

 

 

プロスペクトを獲得しなかったサード

育てたい選手がいないにも拘らずドラフトでプロスペクトを獲得しなかった為、誰を起用するんだと言われ続けてきたのがこのサード。では実際のところどうなっているのでしょうか。

f:id:pokoda514:20190429224029p:plain

こちらは今季、サードスタメンで起用された回数です。プロスペクトがおらず、育てる対象となる選手がいなくなった影響はこのように現れました。これだけ見ると松本京志郎が優先して起用されており、それ以外はある程度均等に分配されているという印象です。実際のところ、松本は途中交代が多くなっており、このグラフよりも更に均等に割り振られていると考えていただいて構いません。

昨年高校生サードを獲得しなかった理由としては、茂木のコンバート案や内田が関係していると思われます。いずれも若くまだまだプレーできる年齢のため、この状態でプロスペクトを獲ってもちょうど良く入れ替われず、重なってしまう可能性があると判断したのではないでしょうか。そう考えると昨年のドラフトでサードのプロスペクトを指名しなかった理由も納得は出来ます。

ですが、いつまでもそうは言っていられません。現状の起用法では若手から調整の為のベテランまで、様々な選手にサード守備を経験させ、打席を与えられるというポジポジした見方も出来ます。しかし、結局これがどう繋がっていくのかというビジョンは見えないままであり、どうしてもどっちつかず、中途半端になってしまっている感は否めません。

ショートにも同じことが言えますが、本当に育てて1軍戦力、レギュラー級にしたいのであれば早めにメインで育てられる若手を獲得し、その選手を英才教育するべきでしょう。

 

 

若きゴリラ、内田靖人の外野起用の真意とは

1軍での銀次の成績不振もあり、ファンから昇格の要望が最も高い選手の1人であるゴリラこと内田靖人。昨季は生え抜き右打者初の2桁本塁打を達成し飛躍の年となりましたが、石井GMの考えからか、今季は開幕から2軍暮らしが続いています。

今回取り上げたいのは、先日思わず疑ってしまった内田の外野起用について。昨季は色々あって途中からショートに回るということもありましたが、それとは全く別で、間違いなく意味のあるもの。これまで7試合で外野の守備に就き、補殺まで記録している内田。彼が外野で起用されている理由は2つ考えられます。

1つは1軍の外野陣の影響。今季は島内宏明田中和基オコエ瑠偉辰己涼介らの競争がキャンプから続けられ、創設以来最高の外野陣とポジってきました。開幕直後まではその争いも続きましたが、少し経って辰己が調整の為降格。和基も台湾での怪我の影響か本来のパフォーマンスを発揮出来ていない等、中々上手くいかない状況が続いています。そこで肩が強く、内野では起用の幅が限られる内田を外野として起用し、持ち前の打撃を活かそうというプランが組まれたのだと考えます。

もう1つは内田本人がこれから生き残る為。こちらの方が可能性としては高いかもしれません。彼の主戦場は皆さん知っての通り、本来ファーストとサード。外国人が起用されたり、ベテランが回ってきたりと何かと競争相手が多くなるポジションとなっています。
今季、1軍では茂木栄五郎がサードで出場することが多くなっています。昨年からファンの間でも待望されていたサードコンバートというのも現実的となり、近い将来それが実現されることでしょう。また、不動の3番セカンドである浅村栄斗も、ファーストに回る日が間違いなくやってきます。彼の場合、膝ボロを考慮するとそれが早まる可能性も十分あります。
そうなってくると内田の居場所は全くなくなり、スタメン出場の機会は限られてしまいます。それを防ぐ為、今のうちに外野をこなしておくことで来るべき時に備えたり、そのままコンバートして強打の外野手としての位置を確立しようという魂胆があるかもしれません。楽天待望の和製大砲である彼が今後、どういう成長を見せていくのか。打撃は勿論、守備位置からも目が離せません。

 

 

奮起が期待される選手達

ここではおまけ程度に、2軍の中で立場が奪われつつある選手、もっと成績を残して欲しい選手を取り上げていきます。

 

先ず1人目は今江年晶。昨季は4年ぶりの規定打席到達、5年ぶりの2桁本塁打を記録したものの、75%減となる5000万円で契約を結びました。今季はファースト、サードでの併用や代打での活躍が期待されましたが、眼球中心性漿液性脈絡網膜症と診断を受け出遅れました。

今江本人によると症状は良化したとのことですが、現時点での成績は打率.194、OPS.490と本来の状態には程遠く、キャンプから出遅れたこと、右目の不調は間違いなく響いていそうです。昨季の75%減から、チームにとってそこまで大きな存在であると見られていない可能性もあり、もしこのままの成績でシーズンを終えることになれば来季の契約は保証出来ません。現在1軍では右の代打がいない為、出来るだけ早く調子を戻し、頼れる男の姿をまた見せてほしいところです。

 

 

2人目はルイス・ヒメネス。テスト入団から支配下登録まで漕ぎ着けた、コンタクト力が売りで、守備の上手い外国人野手。ブラッシュ、ウィーラーのバックアッパーとしての獲得でした。キャンプでは謎の外国人として、様々な憶測が飛んだのは今となっては懐かしい思い出です。

そんなヒメネスですが、現時点での成績はまさかの打率.200、OPS.573。守備面では今のところエラーなしと安定感を見せており、確かに守備は上手いと言っていいでしょう。しかし、この打撃成績では何のために来たのか、誰のバックアップなのかすら分かりません。他の日本人野手の出場機会を削っている分、マイナスとも言えます。このままでは本当に無駄な投資となってしまう為、そう判断される前に実力を見せてもらいたいところ。

 

 

最後となる3人目は岩見雅紀。清宮や村上を外したことで指名に踏み切った六大学屈指のスラッガー。昨季は2軍でこそ14本のHRを残し打率.284、OPS.828という好成績を残したものの、1軍では直球とボールになる変化球に翻弄され24打数無安打とからっきし。

今季、岩見は苦しむ1年になるかもしれません。守備面では、てっきりファーストで起用されるとばかり思っていましたが、出場機会を考え外野としての出場を決意。今のところエラーもなく、昨季より守備は良くなっている印象です。そこまではいいのですが、ファーストだけでなくDHでの出場がなくなったことや他の選手との兼ね合いもあり、明らかに出場機会が減っています。

打撃面ですが、三振率は昨季の29.7%から26%と若干良化しているものの打率.200、OPS.679と昨季の数字とかけ離れており、苦しんでいます。彼は打撃で勝負しなければいけない選手であるため、こんなところで燻っていられても困るのですが、今のところ限られた出場機会の中でのアピールが上手くいっていません。

何が原因で不振に陥っているのか分からないのでああしろこうしろとは言えませんが、ここから優遇もされない立場になってきます。影を潜めている本来の実力を発揮し、早めに結果を残さなければヤバいという危機感を持ってプレーしてほしいですね。

 

 

 

まとめ

育成面からみたとき、育てたい選手がいるポジションではその選手を固定して起用しています。しかしそういった選手のいない、或いは足りないサード、外野は開幕から併用が続いており、出場機会を分け与える場であったり、育成選手を起用することが多くなっています。これは1軍の選手層から後回しになっている影響があるのでしょう。

しかし本文中にも書いた通り、いつまでも後回しにしておくわけにもいきません。その為、特に内野手(ショート、サード)は今年か来年、兎に角近いうちにプロスペクトを獲得し、次世代に備えておくことが必要と言えそうです。

 

開幕から1ヶ月。1軍だけでなくファームでも様々な動きがあり、その中でいくつかを紹介してきました。今後も試合を重ねていく中で、重点的に起用されている選手、併用されている選手がどのような成長を見せてくれるのか。令和に誰が台頭し、上の舞台で活躍してくるのか。選手達が我々の想定を超えてくれることを楽しみにして、今回の締めとします。

 

 

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

(曲紹介入れなくて)すまんな。

 

こんな記事を仮想ドラフトの前に出していいのかと聞かれたら正直ダメやろなぁ…怒られそうなんですけどね。はい。まあどちらにしろ他球団の方もどうせ分析してくるだろうし、楽天陣営の皆さんは優しいからええやろ(適当)

今回は期間が短いことからサポーターを募集できませんでしたが、やってみたいという方はオコエ掛け頂ければ次の機会にでも。指名の方ですが、ワクワクして待っていただけるとうれしみを感じずにはいられません。予想なんかも面白いですので、興味のある方は是非。

 

GWDは5/5(日)やぞ!!!

 

では今回はこの辺で。

2019シーズンに思いを馳せただけ。

どうも。なんでこんなに記事書いてるんでしょう。だんだです。

 

 

この記事に関して、前書きはありません。単純に開幕前に書いとこうかなと思っただけなので。あともうアレを持ち込みたくないのもある。

簡単にではありますが、今シーズンの鍵なんかを改めて書きたいと思います。気楽に読んでいただいて結構ですので。はい。

 

というわけで早速目次にいきましょうね~

 

投手

開幕1軍

 

先発…岸、美馬、藤平(、辛島、福井、弓削)

リリーフ…青山、菅原、福山、石橋

勝ちパ候補…ハーマン、宋、森原、高梨

抑え…松井

 

 

則本の怪我により暗雲が立ち込めた先発陣。岸、辛島は順当に決まったものの、次ぐのは新加入の福井と多少不安の残った美馬。後の2枚も決して順当というわけではなく、今後も試しながらの起用が続くであろう藤平と弓削が辛うじて開幕ローテ入りを果たした。

他の先発として挙げられるのは昨年ローテを回った古川、オープン戦で復活の兆しを見せた安樂、期待されている西口や近藤、トレードで移籍してきた熊原、ドラ8の翔天ら若手が多い。中堅どころでは戸村や釜田らが候補になってくるが、いずれも安定した働きを残せるかと言われると答えはNO。怪我からの快復待ちの塩見を除けば未知数というのが本音だ。

 

こうなってくると鍵になるのはやはり今季調子のいいリリーフ陣。勝ちパターンはある程度磐石な為問題はないだろうが、特に重要なのがロングリリーフや勝ちパまで繋ぐ6回までを投げる投手

開幕1軍の中では青山、菅原、福山、石橋の4人がその対象となる。2軍にいるメンバーでは小野や今野、渡邊佑らが候補になってくるだろうか。先発がある程度安定してくるまでは(そもそも安定するのか分からないが)、彼らがフル回転することになるだろう。オープナー制やブルペンデーといった策も飛び出すかもしれない。29枠に増えたのが追い風となるか。

 

また、平石監督、伊藤投手コーチの投手起用にも注目したい。ブルペンをフル活用するのは先ず間違いない為、運用管理が物凄く重要になってくる。

間違っても去年のような雑な起用は繰り返してはいけないし、

高梨1人に負担をかけるような起用も避けなければならない。

そこで重要になってくるのが「捨て試合」。梨田監督はこの捨て試合を作るのが上手かったが、平石監督は上手く捨てることが出来るか。これが今季の鍵を握ると言っても過言ではない。

 

 

 

野手

開幕1軍

 

捕手…嶋、足立

内野手…浅村、茂木、藤田、直人、銀次、ウィーラー、村林

外野手…辰己、オコエ、和基、島内、橋本、ブラッシュ

 

開幕スタメン

f:id:pokoda514:20190329013621p:plain

 

スタメンを見て思うのは、今までとは違い脅威を感じる打線になっているなということ。9~2番が出れば足で揺さぶりが使えるし、その状態で迎える浅村ほど怖いものもない。その浅村と勝負させる為にコンタクト能力の高い島内を4番に据えた。また、島内は出塁率も高い為ランナーがいる状態でウィーラーに回ることも多いだろう。銀次、ブラッシュに関しても同様で、投手に圧力をかけることは十分可能だろう。

 

不安の残る投手陣をよそに、野手陣は全体で見れば順調な調整が出来たと言える。

このオープン戦、先ず目立ったのは外野手争い。辰己の加入によりオコエ、和基それぞれに火が付き熾烈なスタメン争いを繰り広げ最後まで決着することがなかった。結果スタメンがどうなるかは当日のお楽しみ。個人的にはオコエなんじゃないかと思ってます。まあワイの逆張りしておけば当たるらしい。ソースはワイ。

 

捕手に関してはオープン戦序盤こそ若手を起用していたものの、蓋を開けてみれば開幕は嶋と足立の2人体制。これは嶋がキャンプで打てるように作ってきたことや足立の守備が復活したこと、そして則本の離脱により投手を1枚増やしていることが要因。

太田や堀内ら若手を見たい気持ちはあったが、彼らには下で経験を積んでもらいましょう。将来の投手陣を考えるとそっちの方が良いかもしれない。

 

最後に内野手。浅村の加入によりセカンド、そして3番が埋まったのはやはり非常に大きい。そしてウィーラーを早くからキャンプに呼んだ事も功を奏し、春先ながら結果を出した。一塁は銀次やブラッシュ、内田の争いだったが、結局安定感のある銀次が開幕スタメンを勝ち取る形に。内田は開幕2軍となったが、下で栗原と二人三脚でフォームの見直し。再調整して上がってきてもらいたい。

そしてこのチームの穴であるショートは藤田と争っていたが、最終戦で3安打した茂木が座る形に。藤田は予想通りスーパーサブに回ることとなった。今後は基本茂木、偶に藤田や村林を使うことになるだろう。

 

以前の記事で今年のキーマンを複数挙げたが、1人に絞るとしたらやはり茂木だろう。これまで何度も書いてきた通り、彼がショートにいるいない、万全かそうでないかで成績が大きく変わってくる。12球団トップクラスの破壊力を持った二遊間も見たいしな…

 

ただ当たり前のことだが、重要なのは茂木だけではない。長いシーズンを戦っていく中で、誰も欠けないまま終えるということはまずない。その為、スタメンではない、所謂バックアップとなる選手の働きが重要になってくる。

ここで石井GMが掲げた「弱者の野球」というのが活きてくる筈。開幕は2軍となったものの、ドラフトでユーティリティとして期待できる孫を獲得。更にキャンプ中、野手に複数ポジションを守らせる等リスク管理は行ってきた。2017に主力の故障が相次ぎ、彼らをカバー出来なかったことで失速したような事態を防ぐ為にも、もしそうなった場合にどれだけカバー出来るかというのも鍵になってくるだろう。

 

また、野手に関しては若手の起用についても注目したい。

GMは就任時、「生え抜きを育てる」ことを重要視していた。開幕1軍に入った若手は村林や辰己、オコエとそこまで多くない。ここから2軍でみっちり育成するという意思が感じ取れるのは非常に良いのだが、気になるのは若手をどのタイミングで上げるのか、どの段階に入ったらGOサインを出すのかというところ。

これらは育成という観点から見たとき非常に楽しみな点でもあるので、今後出来れば取り上げていきたい。

 

 

 

まとめ

投手は則本離脱の穴をどのようにして埋めるかというのが1番に考えられる。が、去年と比べて先発陣が不安であることは明らか。リリーフだけで彼の穴を埋めるというのも当然不可能なので、上位進出を視野に入れるのであれば昨年ローテを守った古川ら若手先発陣の台頭も必要だろう。

若手の台頭はあるのか、首脳陣はどういった起用、運用を見せるのかというところに注目したい。

 

野手はなんといっても茂木。彼を離脱させないようにどう疲労管理するか、他の選手との兼ね合いをどうするかというのも見ていきたい。何も起こらなければ良いのだが、有事の際はバックアップとしてどんなプランがあるのか、誰を起用するのかも楽しみなところ。

また、和基、オコエ、辰己らの若手外野手争いがどういった結末を迎えるかにも注目が高まる。

 

 

 

いよいよプロ野球開幕。今季はチームがどんな戦い方をしてくれるのか、各選手がどんなプレーを魅せて我々をワクワクさせてくれるのか。

 

f:id:pokoda514:20190329050422p:plain

 

 

晩秋、我が犬鷲軍団が2度目の頂に立っていることに思いを馳せつつ、今回の締めとしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバい。めっっっっっっっちゃ眠い。なんでメジャー開幕戦をやっている時間帯にこれ書いてるんだろう。7回終わったぞオイ。本当にワイはなにをやっているのか。

 

もうだめだ。次なんて考えられません。頑張ります。さすがに眠すぎる。寝ます。おやすみ。

 

 

 

あ、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回のトレードと見えてきた大きな変化について。

どうも、ご無沙汰してます。だんだです。

 

 

この前、あの質問箱界のスーパースターが質問箱をcloseしていた期間、ワイに皺寄せが来たわけですが、まあ量がおかしい。おかしいね?

 

当然、実際はこれよりもっと多いわけで。しかも質問じゃない質問の方が多いしな。更にアンチは湧くしいちゃもん付けられるしな?やめろよ嬉しくなっちゃうだろってっててててってt

 

しかし、あの量をめげずにとんでもないペースで捌いていくとか常人には出来ないことなので、やはり彼は7人いるのではないかと疑ってしまいました。7人分喋るしな、きっとそうだ、そうに違いない。

 

 

 

あと、この前の記事の最後にぽニキが垢消ししたことについて少し触れたんですが、アレだけのレジェンドにそんな対応は不適切だろうと。やはりリスペクトは必要だなと。うん。

ということで胸に秘めたる魂を解き放ちました。ご査収下さい。

 

 

私が
ぽニキの
強靭なメンタルを作り上げたのは
事実で(はありませんが事実ということにしておきま)

ぽニキが
楽天ファンだけでなく他球団ファンからも散々叩かれるという
緊迫の窮地に陥る場面で
名を呼ばれ

顔色ひとつ変えず
微動だにもせず

キャッチの兄ちゃんに殴られる動画をうpする

そのメンタルを
ぽニキに刻み込むのに
どれだけの時間と尽力をかけてきたか分かりますか?

 

 

 

こんなことばっかり書いてるから読みづらい読みづらい言われるんだよほんとに

 

 

まあそんなどうでもいいことは置いといて、曲紹介に行きましょうか。今回はこちら。

 

www.youtube.com

 

星野源がラジオで紹介したことでも有名な一曲。すき。

「可愛い曲じゃねえかグヘヘ」なんて侮るなかれ。とんでもない曲です。こっっっっっっっわ。歌詞がどんな内容だったとしてもメロディや歌い方、声で誤魔化せてしまうってことも、聴いてて楽しいと思ってしまうことも怖い。あいつ並だからなこれ。いやあいつは誤魔化せてないけど。

余談ですが、何度もリピートして聴いていたら頭がおかしくなりました。聴きすぎと粘着には気をつけましょう。

 

 

良い曲だぞ。みんな買え。

 

 

 

 

 

では本題に。

2軍についての経過でも書こうかとも思ったのですが、割と大きい話題が来たのでそっちに。

ということでトレードについて、というか今回のトレードによって見えてきた「地味だが大きな変化」について書こうかなと。開幕?知らないよ

 

 

こんな感じで進めていくかもしれないので、嫌だなんだこいつ等思った方はブラウザバックを推奨します。

 

では目次。

 

 

 

トレードについて

 

皆さんご存知の通り、先日、石井GM就任後3度目となるトレードが成立しました。

 

濱矢熊原

 

 

 

うん。 

 

ごめん正直笑った。

 

勿論悪い意味ではなく。あまりに予想外すぎて。しかし、こちら側とすればまあ嬉しい嬉しいトレード。濱矢で獲れるんだ、と思った方も大勢いるかと思います。ワイも例外ではない。

ドラフト時には彼を指名しなかっただけで一部から不満が出たという程、待望された地元出身の右腕が加入しました。今季、横浜では中継ぎとして登板していましたが、先発不足からの緊急補強ということで楽天では先発として期待されている模様。

 

熊原についてですが、どんな選手かというのは皆さん調べていると思うので、ごくごく簡潔に。

・元々、素材は一級品の右腕
・ノーコン
・天然を超える何か

 

まあ、こんな感じです。

楽天の天然枠(?)は活躍しますが、それを超えている彼はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。

 

濱矢に関してはまあ、元々良い直球はあるので、良い左腕が多くいる横浜でなら変化球や制球も良くなり開花するかも。新天地で頑張ってもらいたいところ。

 

 

 

 

現状の熊原

今回の本題とはズレてしまいますが、折角なので現状の熊原についても少しだけ触れたいと思います。 興味のない方は飛ばしていただいても構いません。

 

1年目のピッチング動画

www.youtube.com

 

こちらはプロ1年目の動画。制球はアバウトですが、「神主投法」と言われたダイナミックなフォームから繰り出される150キロを超える直球に加え、鋭く落ちる縦スラやチェンジアップ等の変化球も武器にしていました。

 

今季のピッチング動画

www.youtube.com

 

こちらは今季のピッチング動画ですが、所感としては先ず球速が出ていないなと。そしてフォームが大人しくなったなと。

フォーム改造がしっくりきていないのか、制球を気にしているのか判りませんが、リリーフで130キロ後半~140キロ前半のボールしか投げられていないのは明らかにおかしい。勢いのあるボールを取り戻せるかが今後の分かれ目のような気はします。

その原因がフォームによるものなら嘗ての躍動感溢れるフォームに戻せるか、制球を気にしているなら意識を良い方向にもっていけるか。ポテンシャルは本当に一級品なため、指導者次第では化けることもあるでしょう。

 

 

 

トレードによって見えてきた変化

さて、今回のトレードによって見えてきた「地味だが大きな変化」は2つ。順番にどうぞ。

 

1.180cm未満の投手獲得

ここ最近、楽天は長身投手の指名が目立っていた。殆どが180cm以上で、直球に自信を持っている投手。

特に顕著なのが2016、17ドラフト。合わせて14名の投手を指名したが、そのうち身長180cm未満は変則左腕である高梨と、現在はサイドに転向した育成の木村という2名のみだった。

 

その彼らとは異なるタイプの投手を指名する変化を見せたのが昨年のドラフト。スライダーが高く評価されていた引地や、動くボールが持ち味の弓削等、変化球を使える投手を指名した。

その中で注目したいのは則本弟の指名。最初はコネや収益の為と考えていたが、考えてみれば180cm未満の投手は久しぶりのこと。タイプで考えるなら過去2年の投手とはまったく別である。

それを皮切りに、今オフ、楽天由規、福井と180cm未満の投手を2名獲得。どちらも元々コントロールが良いというわけではないが、ボールの威力は十分であり変化球も活かせる投手である。今回の熊原もその一例であり、決して大きくはないが力強いボールを投げる先発投手として獲得することになった。

地元人気や収益が考慮されての獲得という面がある選手もいるにせよ、一昨年までの傾向から考えると大きな変化の1つであると言えよう。

今後、投手を獲得していくにあたって、今オフ獲得した彼らが新たに試金石となってくるのではないだろうか。石井GM体制になった今、投手獲得の幅や選択肢が広がるのは間違いないと見ていいだろう。

 

 

 

2.東北各大学との繋がり強化

前述した180cm未満の投手獲得以上に大きな変化といえるのが東北各大学との繋がり強化だろう。

以前まで、楽天は長島元スカウト部長(現ファームディレクター)や上岡元東北担当スカウトといった幹部級のスカウトが東北福祉大出身だったということもあり、球団創設から同大学との関係が深かった。

楽天がこれまで指名した選手のうち、社会人経由も含めた東北福祉大出身選手は6名(塩川、木谷、松崎、井野、阿部、相原)。それに対し、特に西武に入った選手の活躍が目立っている富士大、最近プロを輩出するようになった仙台大といった、最近名前が挙がるようになってきた東北にある大学からの指名は0。

コネがない、担当スカウトがそこまで推さなかった等理由はあるかもしれないが、今まで指名してこなかったというのは事実だった。

 

そんな中で昨年、東北担当スカウトが上岡元スカウトから宮越スカウトに変わった。この影響で富士大からの指名も出てくるのではと思ったが、その予想は的中。ドラ8で鈴木翔天を獲得。更に今回熊原のトレードにより、八戸学院大、富士大、東北福祉大、仙台大と東北にあるドラフトで特に注目すべき大学とのコネクションを築くことに成功した。

その中でも仙台大には注目のドラフト候補が今年、来年合わせて4名(先日最速153km/hを記録した稲毛田、最速148km/hを誇る大型左腕の大関奪三振率が非常に高い最速149km/h左腕の小林、スケールは来年の中でNO.1とも言われる宇田川)おり、熊原の獲得は戦力としてだけでなく、彼らの指名を見越してということも考えられる。

 

東北の各大学との繋がりが強化されたのは「漸く」というべきか「待望」というべきか。感じ方は人それぞれだろうが、今後のドラフトにおいて、これらの大学からの指名が楽しみになり、目が離せなくなった。

 

 

 

まとめ

サンキュー石井GM。フォーエバー石井GM

 

相変わらずの有能っぷりを見せつけてくれてますね。先発不足で悩んでいたときにこのトレード。もし球の勢いが戻れば先発候補として熊原は申し分ないし、先発が他に出てきたとしても中継ぎとしていける。更に2軍でイニングを食ってくれる。

これだけでもこちらとしては素晴らしいのに、それに加えて仙台大とのコネ作り。うーん…完璧。これからどういう動きが見られるか楽しみですね。

 

こんな感じで今回の締めと致しましょう。

 

 

 

 

今回も読んでいただいてありがとうございました!

いよいよシーズン開幕ですね。

 

 

 

やったぜ。やっぱり野球は最高やで。

 

次回に関してはまあ…頑張ります。ぼちぼち少し大変なことになっている2軍についても書いていきたいので。はい。

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

 

おまけ

コラは作るもの。

f:id:pokoda514:20190327212644p:plain

 

f:id:pokoda514:20190326232135p:plain

 

しかし2枚目全く違和感ないの草生えるなこれ

【閲覧注意】1文字ずつで良いから毎秒投稿しろとか言われたのでやってやった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

気付いたら耀飛について語っていた。

初めて田中“燿飛”という選手を知ったのは、2017年の9月も上旬くらいだったと思う。

 

それまではそんな選手の名前は勿論、存在すら知らなかった。当時、彼は全くと言っていい程名前が挙がらないような、注目すらされていない所謂無名選手だった。

 

そんな彼を知るきっかけになったのは某所で行われた仮想ドラフト。実際に参加したわけではないが、楽天陣営に入ってまだ日が浅く、兎に角多くの選手を知ろうと思っていた僕は、TLに流れてきた結果を一通り見て、知らない選手がいたら調べてみる、ということを繰り返していた。

 

動画を見て、良さそうなら覚えておく。ただそれだけの、一見作業とも思える工程。普段と、他の選手と同じように、何気なく。田中“燿飛”について調べた。

 

先ず目に留まったのは、所属チーム。BFL(現:関西独立リーグ)の兵庫ブルーサンダーズという名前に、僕は見覚えがあった。2016年育成ドラ2であり、最近Youtuberデビューした向谷が同チームでプレーしていたからだ。あまり掘り下げると絶対絡まれるので、この話はここでやめておくことにする。

 

所属リーグまで辿り着いた、ということで次に成績を見た。

.433(90-39) 12本 34打点 21四球 8死球 11二塁打 1三塁打 9三振 出塁率.567 長打率.978 OPS 1.545

 

 

化け物じゃん。

「はぁ…?」と声が出た。なんだこいつは。所属リーグのレベルの問題があるとはいえ、あまりに圧倒的すぎる成績。当然、打撃3冠(当時)。ってか今見て思うけど当てられすぎでは。

 

 

これだけの成績を残す選手だ、当然どんなバッティングをするのか気になる。ということで調べた。見た。

www.youtube.com

 

衝撃だった。彼のHRで、初めて『一目惚れ』という感覚を知った。“打った瞬間”の打球、スイングの強さ、片手フォロースルー。その全てに魅力が、ロマンが詰まっていたし、深く心に刻まれた。恋人誕生の瞬間である。

 

欲しい。指名したい。そう強く思ってしまったので、居ても立っても居られず担当だったゆきちなさんに突撃。思えばアレが最初の選手推薦だったかもしれない。

 

あっさりOKを貰えたので、勢いそのままに仮想ドラフトで指名…とそう簡単にはいかなかった。リーグで化け物じみた成績を残しただけでなく、巨人、楽天との練習試合でも複数HR。騒がれない筈がない。当たり前というものだ。記事でも取り上げられてたし。

 

そんなこんなで彼の名は徐々に知れ渡っていった。結果、仮想ドラフトでは指名ならず。まあ覚悟はしていたが。その時は「あ、獲られた」であっさり終わった気がする。嘘。

 

そういえばこんなこともやっとったな。

 

 

 

少し経ってドラフト当日。学校が終わり、チャリを必死に漕いで帰った。家に着いたのは丁度1巡目が終わった頃。帰って早々目にしたSB1位吉住の文字は先にも後にも忘れることはないだろう。勿論笑った。

 

続く2巡目からは楽天陣営の2人とSkypeを繋いで見ていた。その2巡目、画面に映し出される岩見雅紀の4文字。まさか本当にうちが指名するとは思わなかったというのが正直なところで、驚きはあった。と同時に現実も突きつけられた。

彼を指名したということは僕の恋人の指名はないと言っているようなもんである。フェルナンドがいて、岩見がいて、普通ならそこに追加しないからね。

 

仕方ないものは仕方ないので諦め、これからどういう指名をするのか楽しみに待っていた。そうして迎えた5巡目。ついに彼の名が呼ばれた。それは他の何処でもなく、楽天だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「■■■■■■■ーーーーー!!!!!」

 

ほら見ろ。やっぱり叫んだ。辰己の時はまだ全員叫んでいたから良かったが、この時ばかりは違う。

想像してみよう。Skypeを繋いで平和にドラフトを見ていたら突然、本当に人間の声かと疑うような叫びが聞こえてくるのだ。ただただうるさい奴である。せめて日本語を出せという話だ。その節はどうもすみません。

 

まあ兎に角、それくらい嬉しかったということだ。この紹介ツイートを見ると分かると思う。分かれ。

懐かしみを感じる。

 

 

ここで休憩がてら、たわいない話を1つ。現在は耀飛という登録名だが、ここまで“燿飛”と書いてきたのは当時そういう表記だったからである。独立の公式サイトにもこちらの字で載っていた。正直紛らわしい。のでここからは耀飛表記で。

 

 

さてその後の話に移ろう。

ドラフト会議後、僕は兎に角ポジっていた。動画を見たファンもポジポジしていたと思う。それくらい、やはり彼は魅力に溢れていた。そしてそのポジはキャンプに入ってさらに加速することとなる。

www.nikkansports.com

 

鮮烈なデビュー。いやデビューではないか。しかしその存在が多くの楽天ファンに知れ渡ったことは間違いなかった。もしかしたら、本当にやってくれるかもしれない。そう思わせてくれた。

 

しかし、そう上手くいくほどプロの世界は甘くなかった。投手のボールが全く違う。走塁も守備もレベルが違う。更に、環境が違った。週3、4で活動していた独立時代とは違い、プロは毎日のように練習や試合がある。その分だけ疲労も蓄積する。結果、1年目は怪我に苦しむことになった。

 

だが、苦しんだ中でも希望の光となる1発があった。6/26、横浜スタジアムでのバックスクリーン横への場外弾。相手は同じルーキーの櫻井。

独立時代、幾度となく放ってきた打った瞬間の一撃を、プロの舞台でも見せつけた。堂々の『プロ初本塁打』だった。

 

 

2軍公式戦で改心の1発を放った耀飛だが、昨季を通して見ると、2軍で十分な結果を残せたとはお世辞にも言えなかった。

.200(55-11) 1本 4打点 8四球 1死球 4二塁打 19三振 出塁率.313 長打率.327 OPS.640

 

だが、独立や大学、3軍と練習試合を行っている育成試合となると話は別。次元の違う成績を残した。

打率.362(105-38) 6本 27打点 19三振 2盗塁 ※出塁率等不明

まさに無双。流石は独立で圧倒的な成績を残した打者というべきか。3軍レベルでは最早敵なし。正直やることがない。早く2軍をメインにプレーしなければいけない打者なのだ。

 

2軍で出場するためにも首脳陣に対するアピールが必要。そこで1年目で出た怪我や疲労以外の課題を克服する必要がある。その課題として、コンタクト力と守備が挙げられる。

2軍で29.7%を記録した三振率の改善なくしては成績の向上は望めないだろうし、本人も意識して取り組んでいるというレフト守備が多少マシにならなければ出場機会も限られてくる。DHで出場するということも勿論あるとは思うが、1軍での出場機会を考えたときそれは望ましくない。

 

 

外国人もライバルに入ってくる長距離砲。更に、辰己の加入やオコエの成長等で外野手争いは熾烈になっている。

その他、下位指名で結果が出ない選手や怪我を負った選手はプロ年数を重ねなくとも育成落ち、戦力外にする楽天というチームを考えても、昨年結果を残せなかった耀飛は現状非常に厳しい立場にあるといえる。だからこそ今年にかけるくらいの気概を持って頑張ってほしいというのが個人的な願い。

 

 

兵庫ブルーサンダーズの『77』を永久欠番にした男の意地を見せ、1年前に多くのファンを虜にしたその長打力を武器に、プロで爪痕を残してもらいたいところだ。23歳となった今季こそ、ファンを『絶頂』させてほしい。

 

 

 

というところで、今回の締めとしたい。

 

 

 

 

 

 

 

今回は耀飛の誕生日ということで、急遽書いたということもあり短め(当ブログ比)になってしまいましたが、長すぎるよりかは全然良いかなと書いてて思った次第であります。短めの記事を試せたのも結果良かったかなと。実際に読むかは別にして割と気軽に読めるしな?

 

あと自分の推し選手作ると本当にドラフトが楽しくなるんで、皆さんも是非。そこからドラフトについて、チームとしてどんな選手が欲しいか調べ始めるともっと贔屓が好きになるので是非是非。

 

 

前書き0にした影響で曲紹介が出来なかったのが心残り(?)ということで、ここでしようと思います。ということで今回はこちら。

www.youtube.com

 

なんかもうすき。イベの時聞いた瞬間「いい…」ってなったもんな(語彙力)。GAME VERSIONもM@STER VERSIONも、どちらもすこです。
兎に角優しくて、穏やかで、美しい曲だなって思います。歌詞もメロディーもハモリも。癒される感じしません?

 

 

良い曲だぞ。みんな買え。

 

 

ふう。満足した。

 

 

全く関係ないんですけど、この佐藤くんのポーズ。なんか見た事ありません?

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pokoda514:20181102010929j:plain

f:id:pokoda514:20190305224751j:image

 

今回はこの辺で。あ、そういえばまたぽニキが垢消ししたみたいですね。まあどうでもええか。書き方変えてみた感想、頂けると喜びます。

 

 

耀飛、誕生日おめでとう。今季もたくさん逝かせてくれよ。

 

ではまた。

ショートについて考えすぎた上になんか復活した。

どうも、やっと忙しい時期を抜けて束の間の休みを楽しんでいましたが3連休が終わってしまうという事実に絶望していますだんだです。

 

でも早く帰れるのウレシイ…ウレシイ…

 

 

さて、前回の記事から2週間ほど空きましたが様々なことがありましたね。いやあったどころじゃないな。濃すぎたな。

 

1つは全ての野球ファンが待ち遠しかったであろう春季キャンプ。

f:id:pokoda514:20190210144340p:plain


球春到来。やったぜ。

新人等の新加入選手、若手の成長にポジポジがとまらないわけですよ。やっぱり野球は最高やで。

 

キャンプを見てて思うのは例年とは全く違うなと。特に野手陣。レギュラー白紙によるやる気の度合い、奮起が半端じゃないですね。

何が違うって、先ず選手のレベルが全然違う。明らかに打球速度は上がっているし、ボールを捉えられているし、バレルも上がっている。全て合わせて、打球の"質"というものが見違えるほど良くなっているなと感じます。

去年はピッチャー返しばかり打ってた卓丸があんなに角度付けられるようになるなんて思わなかったしな。丸佳浩はもっと流行らせていけ。

一部の楽天ファン(笑)から「遊んでいる暇があったら練習しろ~&△%$#☆」「プロテクト外や」なんて言われてたオコエも今年は真面目に勉強してきて、末恐ろしい打球を飛ばすようになりました。

 

また、他の野手陣も今までチームにいなかった「お手本に出来る選手」である浅村の影響を少なからず受けており、獲得時から期待していた効果が表れてきている様子。特に影響を受けている和基、内田の両選手には期待したいところ。

 

 

謎外人ヒメネスの予想も結構立ててましたが、まさかまさかの全て外すという。まさかルイスのヒメネスだとは思わんやん。しかもドミンゴだし。

 予想は外したけど、バックアップとしてはかなりいい選手じゃないかと思います。石井GMの言う通り「安心」だと思う。

 

 

しかしそのキャンプも明るい話題だけではないのよね。

 

恒例行事もあるし

 

早速やらかすし

 

そして岡島さん。意味分からんやん。手術しとけよ。っていうかそれでも使ってた首脳陣なんやねん。まあとやかく言っても仕方ないんで、しっかり治して後半戦、終盤戦力になって下さいね。

 

 

現時点で、怪我またはコンディショニング指示になっている選手は10名(塩見、釜田、佐藤、由規、島井、今江、岡島、耀飛、吉持、下妻)。

 

多いなあ。

 

 

 

でも去年より少ないんだよなあ。真面目に去年のコンディショニング部なんだったんや…

 

 

 

気を取り直してもう1ついきましょうか。

 

楽天ファンにとっての重大ニュース。というかもうこれはチームなんて関係ない、Twitterをやっている野球ファンにとって見逃せない、そういうレベルの1大ニュースが飛び込んできました。世界が動くよ。少なくとも楽天ファンは動いたよ。

 

 

その光景を目にした楽天ファンのほぼ全てが驚愕していた。少なからずワイが見た中では。そりゃ驚きもするよな。悲鳴さえ聞こえたもの。

 

 

 

もうお気づきの方も多いのではないだろうか。そう、そのビッグニュースとは

 

 

 

 

 

ぽ ニ キ の 復 活

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pokoda514:20190211210350p:plain

f:id:pokoda514:20190211210431p:plain

 



やばい。頭曲がりそう。

 

 

垢消しから2ヶ月足らず、もう脅威はなくなっただろうと安堵していた楽天ファンの元に帰ってきたクソリプ界のスーパースター。対西武戦、楽天最後の大補強。この復活劇には割とマジで驚かされた。いや、驚いたどころの話ではない。思わず笑いが止まらなくなってしまった。だからこそ取り上げているのだ。

 

記憶に新しい、このオフを賑わせたこのクソリプも彼のもの。

f:id:pokoda514:20181229180220p:plain

 

彼は誰も真似することの出来ない、我々には想像し得ないモノを創造し続けるクソリプ製造機なのだ。西武ファンは覚悟しとけよ。また飛ぶぞ。

 

今回の騒動、"復活した"ことだけが凄いわけではない。いやそれだけでもぶっ飛んでるんだけど。

アレだけ燃え続けたにも関わらず「名前もIDも変えることなく」復活したというのが凄すぎるのである。凄い。何度でも言おう。凄すぎる。思わず語彙力が無くなってしまう。ウッソだろお前。

 

 

今回の復活で色々話していたのだが、その中でこれ以上ないくらいの名言が生まれた。

 

 

 

デーブに失礼。

 

散々言ってきた楽天ファンでさえ今までデーブ以下と称したことはなかったのに。ここにきて、とんでもないパワーワードが生まれてしまった。恐るべきぽニキ。一体なんなんだ。

 

 

他を超越したその強靭なメンタルを持つぽニキ。ソレは紛れもなくレジェンドと呼べるものだ。彼の復活を呪い、この言葉を贈ろう。

 

 

 

f:id:pokoda514:20190210170433p:plain



 

 

 

 

 

 

よく帰ってこれたな

 

#これに尽きる

 

 

早速クソリプ送ってるみたいなんで、是非その目で確かめてみてくださいね。ワイはいいや。ちなみに楽天陣営の2人はもうブロックしたらしいよ。知らんけど。

 

 

 

では曲紹介に移ろう。前回が「秘密のトワレ」だったからな、これ紹介するしかないよな。ということで「PROUST EFFECT」です。

www.youtube.com

メロディ、歌詞、歌い方。全て含めてめっちゃ好きだし、全てに注目して聞いてもらいたい一曲なのよね。もしかしたら、いやもしかしなくてもめっちゃ好きとかいうレベルを超えている。間違いない。正直何回聴いたかわからない。
この1曲だけで本当に色々考えられるもんな。あたしじゃなくて「私」なところとか。そこだけじゃないけど、結局全てがなんかもーヤバいヤバーい。まーた語彙力が無くなってしまったヤバババババbbbbbbboon

 

兎に角fullを買って、一ノ瀬志希渾身の「好きだよ。」を聴いてみてくださいな。

 

 

 

良い曲だぞ。みんな買え。

 

 

 

やっっっっっっっと本編の時間だァ!

今回は最近何かと質問箱に投げられるショート問題について取り上げてみたいと思う。なんで投げられるかってそりゃ直前で掻っ攫われた木浪が目立っているからである。ドラフト直後にワイが言ってた頃はそこまで反応なかったのに今更騒ぐのかい?ああん?

まあ冗談はこれくらいにして、今一度ショートについては整理しておく必要があるだろう。これからのチームを考える上でも、今年のドラフトを考える上でも。

ちょっと今回はいつも以上に上手く纏められるか分からないんで、気持ち易しめにコーヒーでも飲みながら見ていってくださいな。

今回は少し前書きが長くなってしまったので早速始めていこう。少しじゃない?知らないよ。

 

 

【定期】こんな感じで進めていきますので、苦手だという方や嫌だという方はブラウザバックを推奨しておきます。

 

では目次。

 

 

ショートが渇望される理由

今のままではダメだダメだとは言われているものの、先ず何が問題なのか、そこから確認していこう。

 

ショートがいない、層が薄いと嘆き続けている楽天ファン。言われ続けている割に意見が抽象的だし、いつも同じものばかりよなあ。なんて個人的に思っていたのは昨年のこと。
あの頃は正直「取り敢えずショートが欲しい」しか伝わらなかった。だって一部のファンはチーム状況も考えずに「ネオ!コゾノ!」しか言わないんだもの。根尾と小園以外排除するマンだったし。

 

いや間違ってはいない。実際欲しい。良い素材が。喉から手が出るほど。突き詰めても結局そこに行き着くのだろう。
でも物事には順序というものがあるのだ。育成に関してもそう。上がしっかりしていないと去年のように学徒出陣することになりかねない。だからこそ素材型の彼らではなく、即戦力ショートの必要性を訴え続けてきた。

それは楽天も、石井GMも同じ考えだった。即戦力を獲って誤魔化す間に下に出てきてもらう。ドラフトもその戦略で臨んだ。だが誤算が生じた。蓋を開けてみればご存知の通り、木浪を逃す結果に。その代わりと言ってはなんだが、少しでも候補を増やすために孫を獲得した。しかし、"即戦力"ショートを獲得することは叶わなかった。

 

 

話は変わるが、現状、ワイが楽天のショートを見ていて感じるのはこれ。

 

ショートとして"信頼"出来る選手がいない。

 

恐らく、ここに楽天ファンの言いたいことが詰まっているのではないだろうか。

楽天のショートはレギュラー争いを激化させるためにも白紙ということになっているが、順当にいけばこの椅子に座るのは茂木。キーマンでも紹介した通り、万全であれば打撃は12球団のショートでもトップクラスだし、守備も疲れが溜まっていなければ良い部類に入る。

彼が1番言われているのはその耐久性。1年間通して働くとか、130試合くらい出場してくれたら嬉しいがまあ無理だろう。その為、休ませる為に使う選手が必要なのだ。ここまでなら別に大きな問題はない。休ませる程度なら。

 

じゃあ何が問題かというと、過去3年全て故障で離脱しているという"実績"が問題なのだ。少し休ませるくらいでは全く効果はなく、疲れてくるオールスター前や後半戦で怪我をしてきた。そこまでチームはほぼ茂木に頼ってしまっているため、彼が抜けると大幅な戦力ダウンになる。

それもあって結局ファンも首脳陣も、茂木を信頼しきれないのだ。替えが利かず存在が強大すぎるが故に、あまりにも離脱の印象が強すぎて。そして信頼しきれないのにも拘らず何処かで期待してしまっているのが余計に性質悪い。

 

今季はその実力差を埋めるためにも、少しでも1軍に慣れさせるためにも山﨑や孫、村林を1軍キャンプで競争させるという策を講じている。実戦が始まってもそれは続くだろうが、茂木と彼らの差が大きく縮まるかと言われても答えはノーだろう。間違いなく、茂木が離脱した際にまた議論が始まる。というかもう始まっている。

他球団でも、殆どの球団にショートのレギュラーはいて、それに代わる選手なんていないに等しい。それに関しては別に楽天に限った話ではない。のに。

耐久性のあるレギュラーがいればこんなこと考えなくて済むのだが、あまりにも不安が大きすぎて考えざるを得ない。
その際、他の選手に実績がなさすぎる為、彼が怪我しても大丈夫と言い切れない。ショートとして1年間1軍でプレーした選手がいない。ある程度でも計算できる選手がいない。

 

捕手なら嶋がいて、一、三塁なら銀次や今江、ウィーラーがいて、二塁には浅村がいる。藤田もそうだ。外野も1枠こそ空いているものの島内と和基がいる。他のポジションは全て、最低限安心は出来る。それが実績。

 

 

実力で言うなら絶対的な存在がありながら、しかもまだプレー出来る年齢にも拘らず、彼の代わりとなるそこまで年齢の変わらない即戦力ショートを渇望している。客観的に見てどう考えてもおかしい。複雑すぎる。他球団とは全く異なる事情。いるのにいない。書いてて意味分からない。放り投げたい。

 

 

しかし本当の問題は理解できた。

 

前述した通り監督はレギュラー白紙と言っているが、ショートに関しては敢えてではなく、完全な白紙であった。力を持っている選手はいても、シーズンを通して見た時に安心して考えられない。固定できない。

一重に層が薄いと言われ続けてはいるが、個々の能力だけを見れば言うほどでもないように感じる。茂木以外にも山﨑剛さんとか孫とか、それなりにやってくれそうな雰囲気はある。というか慣れればやってくれるだろう。ただやっぱり実績不足なんだよな。

 

要するに、今の楽天には「取り敢えずこいつを置いとけばなんとかなるか」というショートがいないのだ。一言でレギュラーの不在。これによって拭いきれない不安が生まれている。

1本の太い柱が、大黒柱がないんだもの、そりゃ不安にもなるよねって話。しかもそれが1番大事なセンターラインなんだから余計に。

 

ここが冒頭に繋がるんだよなあ。「こいつなら大丈夫だ」という期待を持てる、それだけでポジれるような選手がいないからこそ、目玉となった彼らを欲しがる。

よし、理解出来たぞ。アサム・ラ・イラ=ナイのときとは違うんや!

 

まあ結局、欲しているのは「安心」なんでしょうな。1年間問題なくやったという実績。つまりレギュラー。当たり前だけど、固定出来ればその声も小さくなってくるでしょう。

 

 

 

じゃあどうすればええんや

「安心が欲しい安心が欲しいってなんやメンヘラみたいなことばかり言いよって。茂木かよ」とか思ってる人。ちょっとこっち来なさい。

 

そんなこと言われてもどないしたらええんやって話やんな。この複雑な、歪な状況を打破出来る方法が知りたいでしょう?ワイも知りたい。

 

というわけで考えていきましょうかね。簡単に考えて思い当たるのは2つ。

・現有戦力から台頭する
・獲る

 

 

いや結局どっちかしかないのよ。出てくるか補強か。

まあ今季に関しては選手が台頭する。これ以外ないっすね。静観するしかないのもそうだけど、出てくるのを待つしかない。茂木は勿論、それ以外も含めて。そこは競争ってやつですよ。いつまでも木浪でネガってないで、これからの実戦でポジっていけ。

 

台頭に関してはこれからだし言うほど書くことないんで、獲得について話を広げていきま。

 

 

 

"ショートを獲る"ということ

よく質問箱に投げられるのが「順位」の問題なんですよね。シーズンじゃなくドラフト指名選手の。下じゃ良い選手取れねえんだよ!って。実際どうなのか。改めて12球団のショートでも挙げてみましょうか。

 

f:id:pokoda514:20190211122425p:plain

 

4位以下の選手は2名。それ以外の9名は全員3位以上という結果に。高卒と大社は半々。やっぱ順位の関係は間違いなくあるわね。正確に言うと順位というよりは素材の問題か。では楽天の選手も見てみましょ。

 

f:id:pokoda514:20190211123315p:plain

 

なんや、結構上で獲ってるやん!

 

なんて勘違いしてはいけない。よく見てみよう。真ん中で区切って見てほしい。気付く方は気付くはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大卒と高卒に分かれている!

 

 

とかじゃないゾ。勿論それもあるけど。それは偶然。

 

右と左で何が違うかというと、本職かそうでないかという違いである。
左は元々違うポジションだった面々。大学時代、茂木と孫は主にサード、山﨑剛さんはセカンドだった。対して右の高卒組はみんなショート(兼投手)だった選手。

彼らの特長を考えてみても、真逆なのよね。大卒組は打撃を売りにしてるけどショートの守備は課題と言われてて、高卒組は守備は上手いけど打撃がお察し。西巻は現状大卒組に近いかもしれないけど。

 

ここから分かるのは至極当たり前のことなのだが、プロのショートは本職である選手のみ務められるということ。先程の他球団の面子を見ても、レギュラーとして君臨している選手は本職で、アマチュア時代からずっとショートを任されてきた選手ばかり。例外は藤岡だけ。彼の場合は肩で色々補える分守れているのよね。

センターラインはやっぱり守備が重要なんだよね。そんなの考えなくても分かる。その守備は別に上位指名じゃなくても問題ないというのはうちの高卒組が証明してくれている。他球団だと中島と大和がそう。要は動けてそれなりに肩が強ければいいわけだから。

じゃあ上位と下位の差ってなんだと。それこそ打撃なんだよな。守れるというだけなら下位でもいいけど、打てるっていうのが必要になってくると上位を割かなきゃいけない。そしてそんな選手ぽんぽん出てくるわけでもない。それで高騰したのが去年って話ですな。

 

少し話が逸れたので戻すけど、うちは本職のショートを上で獲ってないんですよね。三好が最後。

 

f:id:pokoda514:20181102010929j:plain

 

 

 

三好が、最後。

 

 

他の場合は別にそのポジションを獲らなくても埋められるケースなんてざらにあるわけですよ。例えばセカンド、サードならショートから回せるし、ファーストはサードから回せる。外野は割と何処からでも。でもショートはそうはいかない。可能性がないとは言わないけど、かなり低い。

とどのつまり、固定させるために先ずは上で好素材を、或いは本当の即戦力を獲らなアカンってことなんすね。他のポジションではなく、ショートで生きていける選手を獲らなきゃいけない。それが"ショートを獲る"ってこと。今まで楽天がやってこなかったことなわけです。

 

 

 

2019年のドラフト市場について

さて、獲得すべき対象が見えてきたところで今年のドラフト市場はどうなのか、というところに話を進めてみます。

 

いくら欲しいポジションが、需要があっても、供給がなければ指名できないからね。その確認はせんとな。個人的にはまだ時期尚早とは感じるけど、折角なので。現時点で軽く。本当に軽く。

 

 

 

先ずは素材型、高校生から。

 

上位候補として挙げられる選手は数名居るが、1位候補と呼べる選手は現時点ではおらず。順位気にしないならそれなりだとは思う。昨年と比べてはいけない(戒め)。

前述したものに当てはめて考えると、現時点で候補として挙げられる選手は3、4名か。なんや居るやんけ。

 

 

先ず1人目として挙げられるのは武岡龍世(八戸学院光星)。

彼の持ち味は走攻守三拍子揃っていることや、広角に打ち分けられる打撃センス。神宮大会ではバックスクリーンに叩き込むなどパワーも十分。フットワークの軽い守備も良い。今のところ総合して1番評価が高いのは彼なのかな。センバツで是非注目してくださいな。

 

 

2人目は森敬斗(桐蔭学園)。

神宮大会で少し評価を落としてしまった部分はあるかもしれないが、それ以前はNO.1評価だった選手。彼の持ち味は走攻守揃った中でも昨秋7本塁打を記録したその打撃。神宮でミスが目立った遊撃守備はあまり買われていない模様。肩は強い。
ただ、評価は高いものの桐蔭学園ということで進学が濃厚。本人もその線で考えている様子。更に同ポジションに先輩がいるおかげで指名自体微妙。茂木ェ…
楽天ファンであり、憧れの選手が堀内というのは面白い。まあ静岡出身ということを考えればまあ納得。彼もセンバツで注目よ。

 

 

3人目は紅林弘太郎(駿河総合)。

右打者なら間違いなく高校生NO.1、186cmの大型ショート。彼の持ち味は打球の力強さと大柄ながらも動きの良い守備。そして強肩。阪神が4番候補としてリストアップしているという記事も出たように、右打者で大きい打球を打てるというのは他の候補にはないもの。動画や情報は少ないが、注目して追っていきたい選手の1人だ。

 

 

4人目は熊田任洋(東邦)。

1年秋からショートに定着し、昨夏も甲子園に出場。その頃から注目されていたが昨秋から更に注目され始めた選手。彼の持ち味は1年秋からの公式戦で4つしか三振を喫していないというバットコントロールと広い守備範囲、そして強肩。守備面で言うなら今回挙げる高校生の中で間違いなくトップだろう。神宮大会でもファインプレーを連発。彼もセンバツで注目して、どうぞ。

 

 

 

続いて即戦力、大学・社会人に移ろう。

 

昨年に引き続き、不作。でも昨年よりかは数はいる印象。現時点で何人だろうなあ。一般的に上位候補と挙げられるのは1人か。でも今回は3人挙げていきます。

 

 

先ず1人目は檜村篤史(早大)。

即戦力ショートのうち、唯一上位候補として名前が挙がってきそうな選手が彼。持ち味は打撃力と強肩を活かした守備。昨春までは2割台後半で中々上がってこなかったが、秋に打率.327を記録。代表候補の合宿で2ランを放つ等漸くその力を発揮してきた。守備では映像を見ていても分かるが、肩が本当に強い。年を追う毎に動きも良くなってきていると感じる。
ただ、こちらも森と同じく楽天に先輩が居る。茂木はなんや呪いの装備か何か?

 

 

2人目は小豆澤誠(JX-ENEOS)。

もう既に、一部の楽天ファンの間で獲得を待望されている選手。彼の持ち味はなんと言っても、大学時代から定評のあった守備。来年の候補の中では間違いなくNO.1だろう。範囲も広いし、肩も強いし。華もあるし。昨年のロッテとのオープン戦では2本塁打を放つ等、社会人に入ってから打力もアップ。個人的な評価は彼が1番。彼が入ればショート問題解決するでしょ。というくらい期待値は高い。

 

 

3人目は小深田大翔(大阪ガス)。

昨年、大社のショートとしては恐らく1番目立った選手。また、一部では最も有名なアマチュア選手とも言われている。というのも、毎年オフに収録される「バトスタ」にデモンストレーターとして出演。華麗な身のこなしで会場を沸かせたことから覚えている方も多いのではないだろうか。
さて選手としてだが、都市対抗で打率.300、HRを1本放つ等の活躍を見せ大阪ガスの初優勝に貢献。見事若獅子賞を獲得した。彼の持ち味は走攻守3拍子揃っていること。そこだけ見るなら即戦力の中では1番じゃないかしら。小柄ながら"振れる"のも彼の大きな強みと言えよう。比較対象となるのは福田周平(オリックス)なのかな。

 

 

 

まとめ

選手紹介以外、何処かで似たような考えを見たなとか感じたかと思うんですが、やっっっっっぱり冒頭に繋がるんすよね。アレを深く書いてみたらこの記事になったって感じなんすかね。現状。行き着いてしまっていた。

今回楽天のショートについて改めて考えたわけだが、どう考えを廻らせてもそこに辿りつく。即戦力も好素材も、喉から手が出るほど欲しい。島井も思わずフライングしてしまうくらい。

 

 

しかし、考え自体は変わらないものの、今年と去年で大きく変わったものがある。

それはチーム状況。去年は最下位でショートだけでなく野手全体の層がペラッペラだったが、今年はドラフトやFAでの選手加入によりある程度は余裕が持てるようになった。

急務である補強ポイントが減ったことで余裕が生まれ、今年こそはショートを最優先に考えることが出来る。多少高いと言われようが、この危機を打破できるような選手を指名すべきだと思う。去年みたいにまた補強ポイントが次々出てきたとしても、優先しよう。して。それくらいヤバい。

 

 

 

取り敢えず現有戦力に関してはシーズン中は静観するしかない。新たな選手が出てくるか、出てこないか楽しみにして待ちたいと思う。

もし出てくれば好素材を獲ればいいし、逆であれば即戦力を狙いに行く。ある程度余裕があるからこそ出来ることなので、それくらいショートに執着した姿勢をそろそろ見たいところだ。

 

というところで今回の締めとしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

本編で2000字いけそうかとか心配してたのに結局10000字超えるやつおる?

しかし久しぶりにこんなに書いた気がするゾ。ワイやるやん。なんとなく、最近の記事の中でも「書けた」って感覚がありますね。思った以上に筆が進んだ。久しぶりなのかな。思いつきで進んだって言うのも。これもぽニキの影響なんですかね。そんなわけないね。あってたまるか。

 

あ、なんか茂木アンチみたいになってますが茂木好きですからねワイ。誤解せんといてな。

 

次回もいつもの如く未定です。また思いつきでいいお題が浮かぶとええな。

 

では今回はこの辺で。

2019シーズンのキーマン5+1選、野手編。

どうも、ブログよりも東方の人気投票で頭を悩ませているだんだです。

 

 

今回も引き続き、今回も2019シーズンのキーマンを紹介していきたいと思います。

 

がその前に、アンケートへの回答ありがとうございました。

 

「短い方が良い」という票も合わせると、実に84%もの方から前書きはあった方が良い、書いてほしいという意見を頂きました。ありがとうございます。

f:id:pokoda514:20190127133322p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

建前はこの辺にしておいて。

 

自分でアンケ取っておいて言うのもアレだけど、最初にこの結果見た時思慮浅いこの頭の、その脳裏に浮かんだものは

 

 

 

脅迫かな?

 

の5文字。

 

「前書き見るついでに本文読んでるんだよお前、前書き書かないとフォロー外すぞお前」という。

 

実際いいねとアクセス数減ってるしなぁ。やだなぁ。怖いなぁ。

いや怖さでいったらアレですよ、なんかクソリプ贈呈されてこてんぱてんにされたり、ハッシュタグ付きの引用RTされたり、見に行った試合の9回に守備固めで出てきた選手が落球するくらい。

 

 

 

 

 

 

 

これならまだ夢の方が良かった。

 

 

 

 

リンク貼れないのキッツいなこれ。 

 

しかしな、まさかこんなに多くの方が前書きを欲しているとは思わなかったんだよな、正直びっくりした。ほんとに。ワイのフォロワーさん物好きな方多すぎない?

 

しかもな、こんな真面目なコメントまで頂いちゃってな。

 

f:id:pokoda514:20190127211910p:plain


思わず天に昇ってしまうかというくらい嬉しくなってしまったので、今度200円のコーヒーでも買ってみようと思います。

 

 

 

前回はやりませんでしたが、今回からは曲紹介再開していきます。迷いに迷ったけど今回はこれ。

www.youtube.com

 

独特のテンポといいメロディーといい、まさに引き込まれる1曲。僕は何よりも歌詞が好きです。担当とか抜きにして曲が好き。完成までに紆余曲折あったのも納得出来るわね。未だに出来てないので今年はMASTERフルコンしてえなあ。

 

 

良い曲だぞ。みんな買え。

 

 

 

では本題に。

今回はキーマンの野手編です。投手編に比べてデータ面で少なくなってしまい、やや抽象的になってしまったのは申し訳ありませんが気軽に見ていってくださいな。

 

毎回のことですがこのような感じでいくかもしれないので、これまでの文章でだと思った方やなんだこいつ等思った方はブラウザバックを推奨します。

 

 

では目次。

 

 

 

今季のキーマン

【#5】茂木 栄五郎

良くも悪くも彼次第で大きく変わる。今季こそフルシーズン1軍で

 

昨季成績

100試合 .247(361-89) 7本 24打点 12盗塁 長打率.349 出塁率.328 OPS.677

 

キーマンとして挙げる理由

昨季は故障の影響によりぶっつけ本番のような形でシーズンに臨んだものの、結果は見ての通り。プロ3年間でワーストの成績を残した2015ドラ3内野手

 

チーム成績という面から見れば彼が今季の鍵を握っていると言っても過言ではない。文句なしに1番のキーマン

 

キーマンとして挙げる理由は上で挙げている通りなのだが、彼がいるいない、万全かそうでないかでは戦力的に大きく違う。大きくどころではない。それこそ順位が変わるレベルで違う。

 

ここで改めて茂木がいない場合の楽天のショート候補を見てみよう。

・藤田一也…浅村の加入によりスーパーサブに。ショートもいけるだろうが連続出場すると成績がガタ落ちする
・山﨑剛…本職はセカンドもショートに挑戦。田中(広島)に弟子入り
・村林一輝…守備は素晴らしいが打撃が1軍レベルにない。今宮に弟子入り
・西巻賢二…楽天のトッププロスペクト。正直まだ2軍に漬けておきたい。坂本に弟子入り
渡辺直人…スタメンはキツい。またおっさんにやらせるのか(困惑)
・三好匠…リハビリ組。守備はNO.1も打撃が(ry
・渡邊佳明…ドラ6ルーキー。将来的にはまだ分からないが、即1軍ショートは厳しい

 

戦力分析の記事でも紹介した通り、ポジろうと思えばポジり倒すことは出来るものの、不確定な要素が多すぎて怖いというのが正直な感想。それくらい薄い。

続いて万全でなかった場合。
まあ昨季の話なのだが、1番言われたのはやはり守備だろうか。UZRを見ると-10.8で12球団ワーストの数字に。しかしこれは故障の影響。万全の状態だったルーキーイヤーは最終的には-1.6だったものの、一時期+8.6を記録し12球団トップだった。

WARを見ても、2017年は3.8を記録。パリーグ6球団の野手で8位、ショートの中では3位と素晴らしい成績を残していた。

何の不安もなくシーズンを迎え、疲労管理をしつつ出場させればこのくらいの成績を残せることは分かっている。2017茂木が帰還すれば12球団最強の二遊間が形成されるのは間違いないので、彼の復活に期待すると共に首脳陣にも細心の注意を払って起用してもらいたいところだ。

 

 

調べてたらこんな数字が出てきたのは内緒である。

f:id:pokoda514:20190127153236p:plain

 

 

 

【#7】辰己 涼介

大きな期待を受けるルーキー。背番号に恥じない活躍を見せつけられるか

 

選手動画

www.youtube.com

 

キーマンとして挙げる理由

楽天陣営が涙した(?)待望のドラ1。もう既にファンになったという方も多いのではないいだろうか。

キーマンとして挙げる理由は単純に外野(ライト)が白紙だからというのが1つ。

ペゲーロが退団、岡島が捕手再転向と昨年主に守った2人が消え、白紙の中でも真っ白というポジションなのがこのライト。競争が起こるのは必至なのだが、その中で台頭してもらいたいのが彼。

ドラ1だからというのもあるが、守備面での能力が他の候補と比べて抜けている。ライトを守る上で重要なのが彼の持ち味である肩。プロでもトップクラスの強肩を活かしての抑止力に期待がかかる。勿論、打撃とその脚力にも期待してます。頼むで。

 

また、もう1つの理由としてリーダー、或いはチームの中心選手となれる素質を持ち合わせていることが挙げられる。

2019ドラフトの選手たちを纏め上げ、その中心として立つ等早くもその力を遺憾なく発揮。私の記憶ではこんなに仲の良い世代は初めて。勿論辰己1人だけの力ではないが、そのきっかけをつくったのが彼であることは間違いない。

楽天は長年嶋に次ぐ中心選手が出てこず、そういう面での後釜も欲しかったところで彼を獲得できたのは非常に大きい要素で、プレー以外での貢献も非常に楽しみな選手。彼が今季レギュラーとして定着すれば、一気にチームの雰囲気を変えることが出来るだろう。

 

 

 

【#36】 内田 靖人

漸く蕾を膨らませた和製大砲。今季こそ大輪の花を咲かせられるか

 

昨季成績

58試合 .198(177-35) 12本 25打点 長打率.435 出塁率.259 OPS.694

 

キーマンとして挙げる理由

昨季は自身初の開幕スタメンに名を連ねたものの、2度の2軍落ちを経験。しかし生え抜き右打者初の二桁本塁打を記録する等、飛躍の年に。オープン戦首位打者の呪いなんかなかったんや!

キーマンとして挙げる理由は、純粋に和製大砲として開花してもらいたいからである。理由じゃなくて願いじゃないかと思う方も多いだろう。しかし彼を一/三塁に固定出来れば今後数年そのポジションで悩むことがなくなる他、その分外国人を1枠他に回せるという利点がある。

ずっと使い続けていれば20本は軽くいっていたのではないかとチーム内から声が上がる等チーム内での期待値も高い。石井GMは生え抜きの育成を重要視していることからも、1軍での育成という面ではこれからを考えても彼が1番の期待株と言っていいだろう。

そういう意味では今年だけではなく、今年を含めた今後のチーム作りを考えた上でのキーマンと言った方が正しいかもしれない。いずれにしろ、彼が固定出来る出来ないでは戦力的に大きく変わってくる。創設から15年と節目の年となる今季こそ、待望の和製大砲として大きな花を咲かせてもらいたいところだ。

 

 

 

 

 

といっても咲くのはバナナの花だろうけど。

f:id:pokoda514:20190127205919p:plain

 

 

 

【#69】ジャバリ・ブラッシュ

パワーはメジャー屈指。4A選手と言われた実力を日本で発揮出来るか

 

昨季成績(3A)

83試合 .317(287-91) 29本 61打点 長打率.700 出塁率.431 OPS1.131

 

Twitterアカウント

どちらか

どちらか

 

選手動画

www.youtube.com

 

キーマンとして挙げる理由

メジャーでも屈指の打球速度を誇る右の強打者が楽天に加入した。

彼をキーマンとして挙げる理由は浅村の後ろを任せられる最有力の打者であるということが最も大きい。

今オフ浅村を獲得し、大幅な戦力アップを果たしたわけだが、その浅村を最大限活かすためには前後の打者が重要になってくる。前には「島内を置いておけば何とかなるしそれが1番やろ」という謎の(?)安心感がある為気にしなくてもいいのだが、問題は後ろ。そこまで脅威にならない打者を置いた場合、簡単に敬遠されてしまう。

そこで石井GMが連れてきたブラッシュの名前が挙げられるのである。コンタクト率は54%とこの世のものとは思えない程低いものの、一歩間違えればあっという間にスタンドに放り込まれるというパワーからくる単純な脅威、圧力は楽天野手陣の中ではトップクラス。2017の茂木ペゲのように、敬遠したくても出来ないような状況を作れれば最高よね。

 

そしてもう1つ、チームとしてありがたいのがファースト構想。

メジャー、マイナーでは1度も守ったことはないが、ウィンターリーグで守ったことがあるファーストでの起用も考えられている様子。もし実現となれば起用の幅が広がり、オーダーによっては鉄壁の外野陣を敷くことも可能になる。

不確定要素は大きいものの、ハマれば楽天の強みになることはまず間違いなく、相手バッテリーにとって嫌な打線になるだろう。ウィーラーが不調で、4番らしい4番が固定出来なかった昨季。得点力大幅アップの為にも、彼を4番に据えたいところだ。

 

 

 

【#2/#65】太田 光/堀内 謙伍

今季こそ若手捕手台頭の年。嶋の後釜として名乗りを挙げるのはどっちだ

 

昨季成績(堀内)

12試合 .174(23-4) 0本 2打点 長打率.261 出塁率.208 OPS.469

 

インスタ垢(太田)

www.instagram.com

 

キーマンとして挙げる理由

どちらも春季キャンプは1軍スタートとなった若手捕手だが、彼らを纏めたのは2人のうちどちらか、或いは両方で嶋の出場機会を奪ってほしいという願いを込めてのことである。

嶋も今季で35歳を迎える。去年はフルシーズン1軍で盗塁阻止率も改善したものの、打撃面の劣化は止まらず。今までのように1人に任せるということは出来ない。昨季も山下を起用する等後釜育成に取り掛かったものの、残念ながら脅かす存在は出てこなかった。

 

そこで期待されるのがこの2018ドラ2の太田、2015ドラ4の堀内両捕手。

太田の魅力は「勝てる捕手」であるということと、「打てる捕手」になり得るということ。"嶋"の後釜を求めるなら彼だろう。

右肩の違和感の影響か秋季リーグでの不調もあり、上位候補ではないというところまで評価が落ちていると思われたが、即戦力NO.1捕手という評価は変わらなかったか思い切って上位で指名。蓋を開けてみれば右肩も完治している様子で、現時点でこれといった影響は見られない。

 

対して堀内は昨季終盤目立った他、「2軍で正捕手を務めた」という経験が強みになってくるだろう。

来季期待される若手投手陣は全員、今年は2軍が主戦場だった投手ばかり。その中でずっと受け続けてきた堀内はその特長を理解しており、嶋とは違って若手投手が萎縮しないという面も含めて最大の売りといえる。

 

今年のドラフト市場で即戦力捕手が豊作というのは周知の事実であり、スカウトやGMが知らないはずもない。更に堀内の台頭もあり、昨年のドラフト時点でのファンの声は「捕手は来年が良い」という意見の方が多かった。その中で昨年太田を指名したことから伺えるのはこれから勝てるチームを作っていく上で、次世代の捕手事情に関して相当焦っているということだ。

これからチームを作っていく上で考えても、去年のドラフトを考えても今季若手捕手が台頭するのは「絶対」案件。この2人合計で60試合(全体の2/5)程度マスクを被ることが出来れば、来季以降に繋がっていく筈だ。

 

 

 

 

 

まとめ

今回もまとめは短めに。

 

昨季の最下位は間違いなく野手が原因と言える。

浅村という強大な戦力が加わったものの、投手とは違いマウンドの改修のような全体に直接関わるような上澄みはない。その為、個々のレベルアップや新加入選手の活躍がなければいけないし、それがなければ順位アップなど夢のまた夢の話になってしまう。

 

投手編ではキーマンとして挙げた投手以外にも注目したいと書いたが、野手編では全体の中でも今回挙げた6選手に注目したい。今回取り上げた選手はブラッシュの他は若手ばかりで、彼らが活躍することで今季は勿論、今後に大きく関わってくる。

 

補強としてはやれることはやったので、彼らを中心として野手の上澄みに期待しつつ、今週から始まるキャンプを楽しみに待つというところで、今回の締めとしたい。

 

 

 

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

余談ですが、年明けてから記事書いてて「15000字ってどうやって書いたんや…?」って思うんですよね。まあキャンプ始まったら野球熱が高まってもっと書けるようになるだろうなんてそこまで重要視はしてないんですが。まあ適当に書いてればいけるやろ。

 

次の題材はまだ決まってません。キャンプに関するものになるのか、この前貰った中からなのか、更に挙げて貰う中からかは分かりませんが、思い付いたら書こうと思います。

1000とか2000字でいいならワンチャン曲紹介とかあるな。ないか…

 

まあ取り敢えずキャンプが、成長した選手と新戦力が見たい。早く見せて。日曜日はCS無料なので、加入してない方も絶対見ようね!

 

変な終わり方ですが今回はこの辺で。コーヒーは買わないことにします。